なっちゃんのソニックな日常

無名のソニックファンことなっちゃんです。繋がりたい方、Twitterなどでお待ちしております。

ソニックとシャドウの未来物語 4話ストーリーメモ

 シルバーとシャドウはステーションスクエアの数時間前にタイムスリップした。まだ、事件は起きていない。これに関してシルバーはなかなか驚いた。
「ホントにタイムスリップが出来るとは…」
シャドウも続けてちょっとした名言を吐く。
「時代というのは恐ろしいものだな。」
 と、ここで本題に戻る。
 シルバーがエアスクリーンを出して例の写真をシャドウに差し出す。
「確か…容疑者って…」
と、シルバーが言いかけた時、シャドウが何やら空中を指さす。
「アレだな…」
「ああ、間違いないな。」
 正しく、あの写真のヤツだ。そして今、隣の人がスマホでシャッターを切った。
 
 ソイツはこっちを振り向いて1回ニッと笑った後、空を駆け下りて来た。
ソイツが着地した後、道路にヒビが走り、衝撃波がシャドウ達を襲った。
「うっ」
それが止むと、未だに漂う塵の隙間から見えたソイツの目はギロりと光った。そしてソイツはシャドウ達に向かって口を開く。
「久しぶりだね、シャドウ…僕ちゃんを覚えているかな?」
突然名前を呼ばれてノックアウトされたシャドウ。ただ、ただヒビ割れた道路に立ち尽くす。
そんな様子を見かねたソイツは分かりきったようにそれもそうか、とつぶいた後、続ける。
「んじゃあ質問を変えよう。145年前の事故を覚えているかな?スペースコロニー:アークの事故を…」
シャドウは不審に思ったが、ここは取り敢えずのってみることにする。
「それがどうした。君はその関係者か何かか?」
ソイツは気味の悪い笑みを浮かべてハッキリと答えてのけた。
「紛れもなく、僕ちゃんは君と全く同じ血をひいている。そう…ブラックドゥームの血をな…」
ますます意味が解らない。頭に混乱が渦巻いている。その時、
「いい加減、デタラメはやめろ!シャドウの他に究極生命体がいるはず無いだろ!」
とシルバーがぶった斬ってくれたが、ソイツの口は少し足りとも怯まない。
「まっ、信じてくれなくても仕方ないか。究極生命体は君1人っていうのが、この世界の定義だもんね。そのうちこれが真実か、或いは虚偽か、僕ちゃんをちゃーんと追っかけていれば解ると思うよ。」
そうソイツが言うと、シルバーはいきり立って、
「何を言う!お前はこれから重大な罪を犯すんだぞ!今この場で捕まえてやる!」
と言葉を放った。それを皮切りに、そいつは
「それはどうかな?あんまり焦ると空回りするよ?それでもいいって言うならこうしてやってもいいけど…」
と返した。何を!とシルバーが動こうとした次の瞬間、シルバーの背中に激痛が走る。
「うっ…」
「おっと、失敬、失敬。やるってこういう意味だってこと伝えるの忘れてた。」
そう言うと奴は手を引っ込めた。シルバーは胸を押さえながら前方にうろたえる。
「くっ…本当にお前は何者なん…」
その時には奴は背中から消えていた。そしてシルバーに更なる悲劇が襲来する。気づいた時にはシルバーは宙に打ち上げられていた。そして奴はシルバーを道路に叩きつけた…若き超能力者が敗れた瞬間だった…そのあと、シルバーは完全に戦闘不能になっていた。
残されたシャドウは相手の力に動揺しながらもスッと身構えた…
「君が人類にどんな感情を持っているかは知らないが、これから君が引き起こすことは明らかに非人道的だ。よって君を捕獲する。」
すると奴は、
「どうやら君なら相手になりそうだ。兄弟よ…そして君たち人類と、僕ことブラック・ザ・ヘッジホッグの鬼ごっこが今幕を開けるのだよ…」
そして双方共に駆け出した…
 
メモなんだけど、普通に綴っているっていうねwこっちの方が想像して書きやすいんですよw自分がその世界に引き込まれるっていうか…自分で書いたんだから当たり前だけど。
では、YouTube版の完成を急ぎましょう!
とここでちょい見せ↓

f:id:miityan0212:20160529122011j:plain

久し振りのうごメモ使用↑

 

 

ソニックとシャドウの未来物語 3話まで完成!

 たぶん、1話ぐらいで三日坊主になるんだろうな~と思っていたんだけど、案外これが続く続くw

 ここで一つニュース… 

 ソニックとシャドウの未来物語シリーズ累計再生回数が1000回突破しました!本当に皆様ありがとうございます!

 ところで、たった1,000回じゃねえかと思ったそこのあなた!一度動画を出してみて下さい。最初は精々2、30回だと思いますよ。私も再生回数10回から始まってますw

 まあ正直なところ、このシリーズ以外はつなぎの動画みたいな位置付けだから、そんなに再生回数取れなくても活動してる感が出ていればそれでいいかと…

 実況もリクエストがあればTwitterでもYouTubeでもここでもpixivでもコメント欄に書き込んでね!

 メーンシリーズのほうも、出して欲しいっ!ていうキャラがいれば、書き込んでね!

 そのうち1作品で1000回を超えるようになりたいなw←欲望の塊

 本日更新のソニックとシャドウの未来物語再生リスト↓

www.youtube.com

本日更新話↓

youtu.be

メインシリーズ ソニックとシャドウの未来物語 2話 いざ、タイムトラベル! 更新しました。

うごメモの無名作家がまたまた物語を考えちゃったよ。無名なのに…

まあいい…今回は一味違う作品を作ってやるぜ!

独自の世界観を展開し、新たな物語を追加する…もう(株)SEGAのパクリでは終わらせない…

【ソニック】「ソニックとシャドウの未来物語 2話 いざ、タイムトラベル!」イラスト/なっちゃん [pixiv]

YouTube版はこちら↓

youtu.be

次回はいよいよ宿敵の登場!彼は一体何者なのか…そしてどんな過去、或いは未来があるのか…本題に迫ってゆく…

ソニック小説 ソニック・ザ・ヘッジホッグ No.5 人の生きる目的

   第2章 子狐の想い

 あれは、お利口狐こと「テイルス・”マルティ―”・パウアー」である僕が生まれて少し経った日の事である。

 僕には双子の兄がいた。名前は…お互いに一歳にもなっていなかったから分からない。当然顔も覚えていない…

 なんでこんなに家族の事を知らないかというと、僕たちはこの日に両親から捨てられたからなんだ。親が泣く泣く僕らを手放したのか、あるいは特に何の責任もなく捨てたのか、それさえも分からない。

 一つだけ覚えてることがあるとしたら、冷たい雨が降る夜の日だったということだ。そして、二人でひ弱にブルブル震えていた。だが、兄はとうとうウサギの家族に拾われていった。僕は独りぼっちになった。

 夜も深まり、ますます雨が強く打ちつけた。それに誘われるように、僕はどんどん衰弱していった。

 そんな時、僕のからだに温かさがはしった。

 誰かが…僕を抱いている…それは現実であった。僕も、やっと拾われた…

 

 僕はあれ以来ずっと「オスカーおじいちゃん」に育てられた。おじいちゃんは何でも知っていて、駒回しが上手で、正に憧れの存在だった。

 おじいちゃんはよくここ、「よろずや」で色んな駒を回してくれた。そして僕に回し方を教えてくれた。人は殆ど訪問してこなかったけど、二人で遊んでいたから、よろずやは温かみが充満していた。

 僕が一番気に入っている駒は、木材ベースで青と赤のラインが入ったどこにでもある駒だ。でも、この駒はそこらそんじゃの駒と少し違う。これはオスカーおじいちゃんの手作りなんだ。とても繊細に作られていて、どんな駒よりもよく回る。今でもお守り代わりに身に着けてる。

 おじいちゃんは僕によくこんな事を言い聞かせた。

人に必要なものは愛情と勇気と努力だよ。誇れる事があまりなかったとしても、この3つを持っている事は自分にとって大きな強みになり、力になる。いくら偉い地位についたとしても、これらを持っている人には絶対に勝てないんだ。これらを持っている人たちには本当の意味で花開く時が来るんだ。 だから、どんな事があっても、マルティ―、君は挫けてはいけないよ。おじいちゃんはね、いつか世界中に自分の駒を知ってもらいたいんだよ。だからおじいちゃんはこれから100歳になっても諦めない。マルティ―もいつかは生き甲斐ってものが見つかると思う。そうしたら、この事を思い出して自分のやり方で生きて行っておくれ。」

 

 こうして僕の8年間は過ぎて行った。

 そして今年の春、おじいちゃんの持病が発症し、容態が急変した。

 僕は、今までで一番の恐怖をおじいちゃんのベットの前で感じていた。おじいちゃんは死んでしまうの?死んでしまったら、僕は独りぼっちなの?おじいちゃんが死んでしまったら、僕は何にすがって生きればいいのか。親もいない8歳の子狐にはあまりにも重すぎる運命だ。そんな自問自答を毎日絶え間なく繰り返していた。

 そんなある日、おじいちゃんが痩せた口を開いた。

「お前は体は小さくても優しくて心が広い子だよ。それを忘れないでいておくれ。」

「そんなこと言ったって…おじいちゃんが死んじゃったら、僕はどうすればいいのか分からないよっ!おじいちゃん、お願いだから行かないで!

僕は感情を抑えられずに一気におじいちゃんのベットに泣き崩れた。外はあの日と同じ、冷たい雨が降っていた。おじいちゃんはベットに泣き崩れる僕の頭を温かい手で撫でながらこう言った。

「いいかい、マルティ―。人には寿命ってものがあって、その制約の中で生きていかなきゃいけないんだよ。そして、その中でどれだけ人生を充実させられるか。それが人の生きる目的になるんだ。だからね、おじいちゃんはその期限がもうすぐ尽きようとしているけど、自分ではいい人生だったなと思えているからそれでいいんだよ。でもマルティ―は違う。これは人生の始まりに過ぎない。これから何十年もある。だから何があってもすべてのことを乗り越えていかなきゃいけない。それを乗り越えたとき、きっと人生に光が見えて来る。おじいちゃんの言葉を信じて生きてくれるかい?」

僕はしっかりとおじいちゃんの顔を見て静かに頷いた。外はますます荒れてきた。

さらに、おじいちゃんはさっきよりも弱弱しい声で続けた。

「もうそろそろ、天から迎えがくるみたいだよ…ここでお別れだね…わしの可愛い孫息子よ…」

僕はさらに…さらに…もっと激しく唸った。

「いやだっ!おじいちゃんにはまだ時間が残ってるよっ!もっと僕と生きてよ…」

おじいちゃんの目に涙が浮かんだのが見えた。人の運命とはいかに残虐なものか。それを身をもって嫌というほど感じた、この雨の日。そして、この苦しい日々におじいちゃんのこの言葉を以って終止符が打たれた。

「そんなにおじいちゃんのことを想ってくれているんだね…それに甘えて一つ頼み事をしてもいいかい?」

「何?」

「わしの代わりに、世界中の人々にわしの駒を広めてほしい…それだけ…だよ…」

 

 ピー――――――

 それ以降、心電図モニターの脈拍は、ずっと「0」を指していた…

 おじいちゃんの手も、氷のようにあっという間に冷たくなっていった…

 それでも、僕の心に、おじいちゃんの言葉はまだ生きている…

 僕の心はほっこり温かくなっていた…自分の涙がこんなに温かいと感じたのは初めてのことだった…

 僕の中で、希望が混沌を押しのけた…僕は一つの大きな壁を乗り越えたんだ。僕には優しさがある。希望がある。そしておじいちゃんの言葉がある。もう怖い物なんてない。前を向くんだ。脚を高く上げて、走り出すんだ!胸を張り上げるんだ!

 

 気づけば、どんより黒い雲の合間から朝日がこぼれていた。

 おじいちゃんの顔には笑顔が浮かんでいた。それを照らす暖かな眩い朝日。

 僕は涙を拭い、お気に入りの駒を握りしめた。僕の顔にも笑顔が溢れた…

 そして明日への一歩を踏み出した…

 

 

 お疲れ様です! 

 2000字強のブログにさぞかし疲れたことでしょう。やっぱりこの回想は何度想像してもいいなあ。一度、こんなほっこりする文を書いてみたかったんですよね。

 次回はいよいよシャドウ君の登場です!そのうちシルバーなども登場させるのでファン必見です!つってもこの文章力でよければという話ですけどね(笑)

 

 

 

 

ソニック小説 ソニック・ザ・ヘッジホッグ No.4

 

受験がなんやらで、前回の更新から相当時間が経ってしまったわけですが、ようやく再開できました!内容を忘れてしまった方は前回までのページへ

 

miityan0212.hatenablog.com

 

 

miityan0212.hatenablog.com

 

 

 すっかりこの子狐を忘れていたお2人さん。自分の弟分を忘れる程の恥は無いとソニックは反省。ナックルズはというと、単純に謝罪の言葉を向ける。

「いや~ごめんな。すっかり忘れてたぜ...」

「分かってくれたならいいんだよ~」

といたずらっぽくテイルスは返事をした。こんな事を言っているテイルスだが、裏はというと、

(ソニックなら僕のこと覚えているって信じてたのに...僕ってそんなに目立たないかな?どうしたらもう少しソニックたちが振り向いてくれるだろうか...)

という残念さと無念さを持っていた。別にたまたまだと思うが...

 

 この物語にテイルスが帰ってきたところで話題が切り替わる。ここで俺、ソニック様が真剣な顔で一手をうつ。

「ところで…」

「何?」

「あっちの方に建物が見えるんだが、あれってステーションスクエアか?」

テイルスの推測はこうだ。

「というより、『らしき』ものじゃない?ここは恐らく僕らのいた世界ではないだろうし...きっと全てはあそこに行った時に判るよ。」

なるほどね。あそこが今最も重要な手掛かりが掴める場所ってことか。俺は胸が躍ってきた。目的が見つかると走らずにはいられないのだ。それを誘うかのように、追い風が優しく吹く。これはもう行くしかないだろう。

「よし、お前の話を受け止めよう。それでいいよな、ナックルズ。」

「へへっ。もちろんだとも。」

「じゃあ、三人の意見がまとまったところで行くとしますか。Are you ready?」

俺とナッコーの二人はノリノリで

「OK!!」

 と威勢のいい返事をしたと同時にステーションスクエア「らしき」方に走り去っていった。

「ああっ!また置いていったな!待ってよ~ソニック~」

お前はいつになったら、独立できるのやら。

 

 そんなこんなで丘を越え、ステーションスクエア「らしき」所に着いた。

 今日はとても晴れていて、ビルの窓に反射する陽の光が一段と眩しい。

 高層ビルは街のどこを見てもに所狭しと並んでいて、丘ばかりを走っていたソニックにとっては、少し窮屈にも思える空間だ。

 人々は絶え間なく流れ続けていて、サバンナの動物の大移動のようにも見える。

 携帯越しに頭をさげるサラリーマンにベンチに座って友達と雑誌を開いて顔を真っ赤にして興奮している学生たち。あれはきっと女が絡んでるな。おそらく中身は…知らない方がいい。

 少なくともプライドが強いオレはあのサラリーマンのように頭を易々とさげたりしないがな。むしろさげさせてやる。こんなところに飛ばした奴をな。

 そんな強がりを考えていると、いつの間にか、この場所に似合わない小さな商店の前に来ていた。

 古びた看板には、「よろづや」と書いてある。今時、スーパーの方が品物は色々と揃っていて、もはやよろづが当たり前の時代なんだ。宣伝しても意味が無いように思えるぜ…

 しかし、オレ等動物っていうのは変わった物を見るとつい、放っておけない生き物なのだ。俺たち3人は妙に興味が湧いてきた。そしてお互いに了承のアイコンタクトを交わす。

 とうとうオレたちを「よろずや」の自動ドアが出迎えた。中は昭和の雰囲気漂う雑貨屋で、駒やウ〇ト〇マンのフィギュアなどのおもちゃがメインとして表に置かれている。奥の方には昔ながらの生活用品が置いてあり、高級スポンジや万年筆なんかが例としてある。

「いらっしゃいませ!」

威勢よく店の奥から出てきたのは、これまた店の雰囲気に似合わない1匹の若い子狐だった。おそらく、6~7歳がいいところだろう。そいつ以外には人はいないようだ。ってか!ということは!

「まさか、お前がこの店のオーナーか!?」

驚きのあまり、ついつい俺は口走ってしまった…いくらなんでも若過ぎやしないか!?

君はまだ親のすねかじっていていいはずだろ!?甘えまくっていいはずだろ!? 店なんざ持たなくていいだろ!?

 そんな謎だらけの子狐に他のメンバーもあんぐり口が開いたまま閉じない…恐らく、同じことを思っているのだろう。

 子狐はそんな空気であるにも構わず、当たり前のように続ける。

「いや~こんな店に来てくれる人なんか、今時滅多にいないのでつい興奮しちゃって…

そんなことより、僕に構わずお好きな物をお買い求め下さいね。」

 僕よ、こんなしっかり子狐を誰が構わずにいられるというんだ…超構いて~よ…テイルス並みに可愛がりて~よ…親を誉めて~よ…ナックルズが幼いぜ…

「ナックルズ、お前、この坊主を見習えよ。手厚くもてなせる立派なハリモグラになれよ。すぐカッカすんなよ。」

なんでだよ!この坊主がそんなにお利口か?」

やっぱり言うだけ無駄のようだ。もうちょっと悪戯してやるか。

「言ってる傍からこれだもんな~。要するにおめーは幼稚だってこと。」

「なにをっ!」

「二人とも!喧嘩はやめなよ!あの子より年上なのにみっともないよ!あの子を見習いなよ!

「はい…」

俺とナッコーはもう一人の天才子狐に正論を悟られ一気にしぼんだ…

もう一人のオーナー子狐はそんな俺たちに引きつった笑顔を向けている。俺たちのプライドはガラスのように木っ端みじんに砕け散った…\パリンッ

 そんな茶番の後、テイルスが、ずっと気になっていたことをお利口子狐に尋ねた。

「ねえ、君に親はいないの?どうして君がこの店をやり繰りしているの?」

それを聞いたお利口子狐は俺たちの前で初めて顔を曇らした。どうやら誰にも話せなかった何かを持っていそうだ。それもそうだ。こんな幼子が孤独なのはおかしい。

 坊主は俯いて遠慮がちに目を泳がせている。俺はもう一押しした。

「もしそれが俺たちに出来る事ならのってやる。それとも心にしこりが残ったままこれからも過ごすか?」

子狐の目に一瞬光が見えた。それは将来への希望を暗示しているようだった。こいつに後者の選択肢はないようだ。孤独のお利口子狐はおぼつかない様子で重い口を静かに開いた… そして、店にも久し振りに温かい朱色の夕日が差し込んできた…

 

 次回はうごメモで感動できると評価された一番人気の話数ですね。このシーンは自分も案外気に入っているのでだいぶ書き込むと思います!

 お利口子狐の過去とは?この世界は一体何なのか?黒幕は一体誰だ?まだまだ全てが謎に満ちています…

 

 

 

 

 

 

 

ウチの青春の恋人は勉強… そいつにフラれてしまった…

 ここで一つ挨拶っと。わざわざこんなつまんなそうなお題のブログに遊びに来てくれてありがとうございます!ホントにこの記事は今までに類を見ないつまんなさなので、さっさとながしてもいいです。では下へGO!

 

一見すると超悲しいタイトルだが、これは一人の少女が今回の結果を前向きに捉え、奮闘する物語である

いや~今回の受験なんだけど、絶対受かったと思ってたら、落ちちゃったんだよね~これが…

目指すものが自分でも不安なくらい高っかたのでね…

 しかーし!万が一落ちたとしても、(というより落ちた…)ウチの能力の一つに、「過去を省みない」って能力が存在するのです! HAHAHAHA!おかしくなった。…

 こういうのを世間一般に「ポジティブ」と言うらしいのですが、(友達に言われた)いい能力なのかな?もしこれがいいものだと思し召しならば、ウチのようにここで嫌な事と決別しちゃいましょう!

 いきますよ皆さん!最初に息を大きく吸って…息を止めて…そこから一気に腹から叫ぶ!これだけでなんかすっきりしません?

 これでスッキリできれば、皆さんは一人前です(笑)

 

 しかし、こういうのって落ちたあとが勝負なんですよ。\メラメラ/

 別に人生が終わった訳ではないので、これからいくらでも潰しが効くんですよ。どちに転がり込もうが、大好きな勉強(大げさな表現…)が出来ればそれでいいんです。

 帰ってこない、どうにもならない過去を悔やんでる時間があったら、そう考えたほうが気持ちが軽くなりません?ウチが青春の恋人が勉強であると想い続けている以上、彼は切っても切れない存在なんですよ?絶対に(笑)楽しい彼(勉強)との白黒生活が待っているんですよ?

 志望校じゃなくても、いいじゃないの… ダメよ~ダメダメっ!と思う人は偉い!

 志望校じゃなくても、友達できるでしょ。

 志望校じゃなくても、彼(勉強)と遊べるでしょ。

 志望校じゃなくても、部活できないんです(笑)

そういう学科なんです( ;∀;)

 

 それはさておき、どっちにせよ楽しい生活が待っているはずです! 

 全国の受験生!落第ははじまりじゃ!いざ出陣!

 

f:id:miityan0212:20160315135556j:plain